問題点

世の中には問題点がたくさんあります。人種差別や宗教問題、領土問題や国交問題、教育問題、国の政治問題などがあげられます。その中でも自国の政治問題はとても大きい問題です。それは、日本人の政治への関心の低さ、つまりは選挙の投票率の低さです。
日本は間接制民主主義という形の政治を行っている国です。間接制民主主義というのは、国会議員になる人を国民が選挙で選び、その選んだ人が直接政治を行う立場に置かれるような政治のことを言います。すべての国民が政治に直接関わっていないため、間接制民主主義といいます。反対に、すべての国民が直接政治に関わる制度を、直接制民主主義といいます。
この制度は、国民の政治への意欲への高さが前提となっている制度です。国民の多くが政治に興味を持ち、議員に立候補した人の考えをしっかり理解した上で投票することで、国民の権利を行使することになります。しかし現在の選挙の投票率を見てみると、この理想の状態から遠いのがわかります。今は、立候補者の考えを理解しようとせず、多くの人が選挙の投票に行かないという現状です。今のままではせっかくの民主主義という形で、国民の権利が保証されているのに、国民は権利を失ってしまうこととなります。